食べものに、もったいないを、もういちど


「食品ロス」とは本来食べられるのに捨てられてしまう食品を言います。食品ロスを削減して食品廃棄物の発生を減らしていくことが重要です。ただ食べられるのに捨てられてしまっている食品が年間約646万トンも発生しており、特に宴会では多くの食べ残しが発生しています。このため農林水産省や環境省、全国の自治体では「NO-FOODLOSS PROJECT」や「おいしい食べきり運動」「30(さんまる)10(いちまる)運動」などの食品ロスを減らすための運動に取り組んでいます。(農林水産省HPより)


「30(さんまる)10(いちまる)運動」
「乾杯後30分」「お開き前10分」はお食事を楽しんで環境へやさしいおもいやりを



セレクトロイヤル八代は食品ロス削減運動に取り組んでいます